禁煙テクニック

電子タバコってニコチンや有害物質なし?一体どういうもの?

電子タバコ

電子タバコってたくさん種類がありますよね。

インターネットで検索してみると「ニコチンなしのもの・ニコチンの入っているもの」など色々……。

実際、僕自身も電子タバコを探したときには混乱して苦労しました。

そこでこの記事では、電子タバコについて詳しく説明したいと思います。

実際に僕が使っている電子タバコも紹介しているので、電子タバコを買おうか迷っている人はぜひ参考にしてみてください♪

電子タバコとは?ニコチンなし?あり?

そもそも電子タバコとはどういうものを指すんでしょう。

【電子タバコ】

カートリッジに封入された液体を噴霧器で霧状にして吸入する、紙巻きタバコの代用品。

「大辞泉」より引用

大辞泉より引用してみましたが、これだとちょっと分かりにくいですよね。

そこでもう少し砕いて説明します。

電子タバコに含まれる液体を「リキッド」と呼ぶんですが、実はそもそも日本ではニコチン入りのリキッドを販売することは禁止されているんです。

つまり「日本で販売されている電子タバコ=全てニコチンは0」というわけですね。

このような電子タバコは「VAPE(ベイプ)」とも呼ばれます。

でもニコチンが入ってる商品ってあるよね?

だけどそう考えるとちょっとおかしいですよね。

アイコス(IQOS)にはニコチン入ってるんじゃないの?
いや、検索してたらニコチン入りのリキッドを見かけたけど……

こういう疑問が出てきます。僕も昔はそう思っていました。

アイコス(IQOS)は加熱式タバコ

アイコス

ここは大事なポイントです。

アイコスは電子タバコではなく、厳密には「加熱式タバコ」と呼ばれます。

これはアイコスだけでなく、プルーム・テックやグローなどもそうですね。これらはニコチンが入ってますから同様に加熱式タバコと呼ばれるものです。

  • 加熱式タバコという名前は馴染みがない
  • そもそも説明してる人もイマイチ分かってない

こういう理由からアイコスなどの加熱式タバコを「電子タバコ」と表現する人も多いのかもしれません。

だけどそのせいで知らない人はゴッチャになってしまいますよね。

というわけで正しくは加熱式タバコと電子タバコは別物だということです。

ニコチン入りのリキッドの存在

現在日本ではニコチン入りのリキッドの販売を禁止しています。

しかし海外ではそうではありません。つまり「個人輸入」という形であれば購入することができるんですね。

ニコチン入りの電子タバコについて紹介してるサイトを見かけるのは、このような購入方法があるからです。

改めて電子タバコとは

というわけで電子タバコについてここまでのポイントを一度まとめてみます。

  • 日本で売られている電子タバコにはニコチンは含まれない
  • アイコスやグローなどは「電子タバコ」ではなく「加熱式タバコ」
  • 海外にはニコチン入りのリキッドが売られている

どうでしょう、なんとなく電子タバコについて掴めてきましたか?

電子タバコに関する疑問

ではここからは電子タバコについてもう少し掘り下げて見ていきましょう。

電子タバコは体には問題ないの?

健康とチェックマーク

やっぱり一番気になるのは健康面ですよね。

ニコチンが入ってないとはいいますが、本当に体に悪影響がないのか? というのは大切なポイントでしょう。

まず電子タバコには普通の紙巻きタバコと違って、

  • ニコチン
  • タール
  • 一酸化炭素

を始めとした有害物質が基本的には含まれていません。

主要メーカーの電子タバコに入っているのは、植物性グリセリンや香料・プロピレングリコール・ビタミン類といった植物添加物のみです。

さらにメーカーによっては安全性について第三者機関での成分分析を行って、その結果を公式サイトに表示したりもしています。

この事から体への影響はかなり少ないと言えそうです。

でも100%安全…とは言えない

電子タバコは歴史が浅いアイテムです。

たった今紹介したように国内の主要な製品には食品添加物しか含まれていませんし、現時点では健康面への深刻な問題はないとされています。

しかしデータがまだ少ないという事から、

100%体に害はない! 

と断言するのはちょっと難しい状況なんですね。

ただでさえ電子タバコの種類というのも非常に多いですし、使っているリキッドも各社異なります。

また「何年・何十年」と日常的に使っていくとどうなのか? という実験も必要です。

この辺りは、これからもっとデータを積み重ねて研究が進んでいかないと何とも言えない部分でしょう。

まあとはいえ紙巻きタバコ(加熱式タバコ)に比べると、現時点ではやはり健康面への不安は断然少ないと思います。

健康面以外でのメリット

人差し指と音符

電子タバコには健康面以外でのメリットもあります。

基本的に紙巻きタバコや加熱式タバコに見られるデメリットとは無縁です。

  • 臭い
  • 口内環境の悪化
  • 美容面
  • ストレス
  • 好感度

などなど。

お金に関しても使い捨てのものを選ばなければ、一般的なタバコよりも割安になるケースが多いですね。

紙巻きタバコのもつデメリットに関しては、こちらの記事も参考にどうぞ。

あわせて読みたい
タバコのデメリットを考えて悩む男性
タバコを吸う事で生じてしまう深刻な10のデメリット こんにちわ! 禁煙生活2年目を迎えたユウハルです。 この記事ではタバコを吸う事によって生じてしまう「10のデメリット」につ...

未成年の使用はOK?

これは少し難しいポイントです。

日本ではグレーな部分が多く、この記事を書いている現在では法律で厳密に規制されてはいないようです。

とはいえ、

  • タバコを吸ってるように見える
  • まだ健康への研究も進んでいる段階
  • 海外では禁止されている国も多い

ということで、多くの販売サイトでは未成年に購入&使用を控えるように呼びかけています

この点に関してはこれからもっと整備が進んでいくと思いますが、現時点では未成年は使わない方がいいかと。

禁煙区域でも吸える?

電子タバコという名前ではありますが、ニコチンなどの有害物質は含まれていません。

このため副流煙(水蒸気)による周りの人への健康被害も確認できていないので、現時点では法的な規制はないはずです。

ただし水蒸気は出ますし、物によっては匂いもあります。

禁煙区域で吸っていれば周りの人も見ていて気になるでしょうし、モラル的に考えて喫煙OKな所でのみ使用することをおすすめします

トラブルになる可能性もありますからね。

もし飲食店などで判断できない場合には店側に確認してから使用しましょう。

電子タバコの煙や味はどんな感じ?

水蒸気の量

これはかなり製品によって違いますよね。

そこで僕が使ってる製品の感想を簡単に紹介します。(使用しているのはC-Tec DUO(シーテックデュオ ) という製品です。)

まず煙はガッツリ出ます。ちなみに写真は実際に僕が吸ってるものです。

僕は禁煙前、アイコスも吸ってたんですが「同じくらいorそれ以上」には水蒸気が出る印象です。

味に関してはメンソールやフルーツ系など色々な種類があるんですが、メンソールに関していえば爽快感も強いですね。

普段メンソール系のタバコを吸ってた人にも普通におすすめできるレベルだと思います。

「煙がしっかり出る&メンソールも強め」ということで、全体的にかなり吸いごたえは感じました。

ただし種類によっては正直物足りない味があるのも事実です。

また僕が使ってる C-Tec DUO にはないんですが、製品によっては「タバコ味」というフレーバーも存在するようです。

喫煙者としてはかなり惹かれそうになりますよね。だけどレビューを見ると大体はナッツとかスモーク系の味になるみたいです。

タバコの代わりになる?

製品そのものに禁煙を促す効果というのは存在しません。

ただし今お伝えたしたように、物によってはかなり吸いごたえがあります。

これ1mgのメンソールだよ。

って言われて渡されても、すぐには気づかない人も多いんじゃないかと。

  • 口さみしさを紛らわす
  • 手持ちぶさたな人
  • 気分転換

禁煙中のこういう瞬間にはもってこいのアイテムだと思います。

僕は禁煙当初という一番辛い時期に電子タバコの存在をよく知りませんでした。

そのためガムやアメを武器に戦ったんですけど、「その時から持っていればもうちょっと楽だったんじゃないかな」なんて感じます。

これだとお酒飲みながらでも使いやすいですからね。

粗悪品には注意

警告

電子タバコを実際に選ぶにあたって少し注意が必要です。

海外のある研究では電子タバコの一部製品から発がん性の高い「ホルムアルデヒド」と呼ばれる有害物質が検出されたりもしています。

またニコチンが入っていないと表示されているにも関わらず、ニコチンが含まれていたケースもあったり。

このような危険な製品が存在する可能性は否定できないので、十分に信頼できるものを使うべきだと言えます。

  • 信頼できるメーカーのものを選ぶ
  • できれば日本のメーカー
  • ある程度認知されているもの
  • 信頼できる販売元から購入する

上記のようなポイントに気をつければ、不要なリスクは減らすことができると思います。

電子タバコが爆発する事故

海外では電子タバコが爆発する事件が起きています。

つい先日もアメリカで男性が死亡する事故が起こっていました。こういう事件を目にすると、

電子タバコってやっぱりヤバいのかな……。

と思いそうになりますよね。

だけど当たり前ですがこういう事故が起こらないように、まともなメーカーでは安全性に気をつけています

そもそも海外で起こる事故の多くは危険な改造が原因のようです。もっと煙を出したい! ということで無茶な改造をする人がいるんですね。

またこの点に関しても質の悪い商品や、偽物を使うことでリスクは高まります。

信頼できるメーカーの製品を正しく使えば、このような事故というのは基本的に防げるはずです。

まとめ

緑の木々

というわけで「ニコチンなしの電子タバコ」について紹介していきましたが、大体どういったものか分かってもらえたでしょうか?

まだ研究が進んでいる段階ではありますが、紙巻きタバコ(加熱式タバコ)に含まれるような有害物質は確認されていません。

個人的には信頼できる製品をしっかり選べば安心して使えるんじゃないかと思います。

気分転換や口寂しさを紛らわすにはもってこいなので、禁煙を考えている人・禁煙初期で辛い時期を過ごしている人には十分おすすめできるアイテムです♪

 

実際に僕が使ってる電子タバコC-Tec DUO(シーテックデュオ ) に関して詳しく記事にしています。

安全面や使い方など写真多めで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
C-Tec DUO(シーテックデュオ)
【詳しくレビュー!】C-Tec DUOの使い方&吸ってみた感想 ニコチン0・タール0で人気の電子タバコ「C-tec Duo(シーテックデュオ)」について、特徴や使い方、吸ってみた感想をレビュー...