ダイエット情報

人工甘味料って危険?ダイエットに低カロリー食品を使うのはOK?

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
缶ジュース

最近ではジュースやお酒・スイーツなど、人工甘味料を使用することによってカロリーを抑えた商品が多く販売されています。

でも人工甘味料って危険って聞くよね……
ダイエットに低カロリー食品を利用するのはNG?

ふとこういう疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

そこで「人工甘味料の危険性と低カロリー食品との付き合い方」についてこの記事で考察していきたいと思います。

悩んでいる人の参考になれば幸いです。

人工甘味料とは

人工甘味料とは「人工的に作られた、天然では存在しない甘味料」の事です。

主な人工甘味料
  • スクラロース
  • アセスルファムK
  • ネオテーム
  • サッカリン
  • アスパルテーム

有名な人工甘味料としてはこの辺りではないでしょうか。

この人工甘味料には「カロリー0のものが多い」「人工化合物なので安い」「甘みが砂糖に比べかなり強い」という特徴があります。

ですがその反面、多量の摂取によって

  • 中毒性
  • 逆に肥満を招く
  • 甘味がかなり強いので甘みに対して鈍感になる
  • その他の副作用や危険性

こういったものが一部の研究で可能性として挙げられています。

天然由来の甘味料

天然由来の甘味料というものも存在します。

天然由来の甘味料とは「自然に存在する植物や果物から甘みを取り出し、加工した甘味料」のことです。

「人工甘味料」と「天然由来の甘味料」を分けるケース。どちらも「人工甘味料」と一括りにするケースとがありますね。

主な天然由来の甘味料
  • ステビア
  • キシリトール
  • ラカンカ抽出物
  • トレハロース
  • エリスリトール

有名なのはこの辺りだと思います。

キシリトールやステビアの名前は、特によく耳にするのではないでしょうか。

これらの天然由来の甘味料には、

  • 人工甘味料と比べ、甘みの弱いものが多い
  • 難消化性のものが多く、多量の摂取はお腹がゆるくなる
  • 天然由来のためリスクが少ないと言われている
  • カロリーが低いが0ではないものも多い

などの特徴があります。

人工甘味料は危険なのか?

5f201bcce64438b83ef797df954a3621_s

では本題です。果たして人工甘味料は危険なんでしょうか?

この事に関しては色々な意見や研究結果があり、かなり考え方の分かれるところだと思います。

ちなみに噂される危険性については研究結果が少なく、因果関係が証明できていません。

そのためあくまで「一部の研究結果」として可能性があると言われているだけです。そして、使用されているものは国によって認可されているものです。

この点から個人的には、「そこまで神経質になる必要はないのかな」と感じます

色々と可能性を指摘されるのは、

  • 過去に発がん性が確認されたもの
  • 死亡事故を起こしたもの

こういった背景があるためかと思われます。

※もちろんいずれも日本では現在認可されていません

そもそも人工甘味料に限らず、砂糖や他の調味料に関しても過剰な摂取は有害ですからね。

ただし「国によって認可されている添加物は違う」ため輸入食品には注意も必要です。

ダイエット面での低カロリー食品(人工甘味料を使用した)の利用

ダイエット目的で使用する人へのポイントです。

何の食品でもそうですが、摂取し過ぎることは良いことではありません。あくまで食生活の基本は「バランスよく摂ること」です。

低カロリー食品を利用する際の大切なポイント
  1. 「主食・主菜・副菜」という基本的な食事をしっかりとる。
  2. 低カロリー食品だけに頼リ過ぎない
  3. 過剰摂取しないよう気を付ける

この3点を守って上手に付き合うようにしたいですね。

まとめ

0abbb3580be5598baea4d458e0d32399_s

以上、人工甘味料についての考察でした。

まだまだ人工甘味料の「健康への影響・ダイエットへ与える影響」については未解明な点も多いです

今後さらに科学的に解明されていくはずなので、情報には敏感になっておくとイイかもしれませんね。