禁煙テクニック

タバコを吸うと肌荒れにつながるって本当?喫煙が肌に与える影響とは

タバコによる肌荒れを気にする女性

タバコを吸うと肌荒れしちゃうって本当?

女性ならやはり気になるポイントではないでしょうか。そこでこの記事ではタバコが肌に与える影響や気になる疑問についてバッチリ解説していきます。

タバコを吸う女性はぜひチェックしてみて下さい♪

肌荒れに関係する「タバコを吸うことで生じる体内の反応」

まずはタバコを吸うことで起こる「体の中の反応」について簡単に説明を。

この体内で起こる反応というのは、その後の肌荒れにつながるものです。ただし、

なんか難しいかも、ちょっとめんどくさいな。

という人はこの記事のメインである「タバコと肌荒れの関係」から読んでもらってもOKですこの下にある目次をクリックしてもらえればジャンプできます♪

後から「やっぱり気になるな・ちょっと分からなかったかも」という時にでも見直してください。

1.ニコチンによる血行不良

まずは避けて通れないニコチンの影響についてです。

タバコに含まれるニコチンには「血管を収縮させる」という作用があります。

収縮というと少しわかりづらいかもしれませんが、要は血管が狭くなって血液の流れが悪くなるということです。

この血流の悪さは体全体に及ぶので、当然肌にも影響を与えることになるんですね。

詳しい肌荒れへの影響については後ほどしっかりと紹介していきますが、「ニコチンによる血行の悪さ」というのが一つ目です。

2.一酸化炭素による酸素不足

空気の泡

血液の中にはヘモグロビンという物質があります。

このヘモグロビンは酸素とつながって全身に運ぶという大切な役割を持っているんですが、これを邪魔する存在がいます。

それがタバコに含まれる「一酸化炭素」という有害物質です。この一酸化炭素はとてもヘモグロビンと繋がりやすい性質をもちます。

そのため一酸化炭素が存在すると、ヘモグロビンが酸素と繋がることができず酸素不足に陥ってしまうんです。

酸素というのは肌の大切な栄養素でもあるので、この点もタバコによるデメリットだと言えるでしょう。

3.活性酸素の発生

タバコに含まれる「ニコチン・タール」を始めとする有害物質は、活性酸素をたくさん生み出してしまいます。

活性酸素は免疫機能など体にとって必要な働きも持っていますが、増えすぎてしまうことで多くの悪い作用を体に及ぼします。

これは肌に関しても当てはまることで、肌細胞の酸化=肌の老化と言っても過言ではありません。

この点も後で詳しく解説しますが活性酸素によって、肌に様々なデメリットを与えてしまうということは覚えておきましょう。

4.ビタミンCの大量消費

タバコはビタミンCを大量に消費します。

この話は有名なので聞いたことがあるんじゃないでしょうか。タバコに含まれるニコチンやタールを分解するのにビタミンCが使われるからですね。

  • 抗酸化作用
  • 炎症を抑える
  • コラーゲンの合成

などを始めとした多くの作用がビタミンCにはあります。

この大切なビタミンCが不足しやすくなるのも、肌荒れに関係する大きな反応の一つです。

5.ストレスの増加

ストレスを抱える女性

タバコはストレス解消のアイテムだと思いますか?

僕もタバコを吸っていた頃はそう思っていたんですが、実はこれは大きな間違いです。

タバコを吸って「安心する・ストレスが解消されたように感じる」というのは完全にニコチンによる錯覚なんですね。

しかもタバコを吸っていない通常時は非喫煙者よりイライラしやすくなってしまいます。

さらにタバコを吸った直後には「コルチゾール」という、ストレスホルモンとも呼ばれる物質が増加することも分かっているんです。

このコルチゾールは皮脂を多く作り出します。適度な皮脂は必要なんですが、大量に分泌されると肌にとってデメリットしかありません。

ストレスによる血流不足&皮脂の過剰分泌は、肌荒れにとって見過ごせない体内の反応です。

6.女性ホルモンの減少

女性ホルモンの一つに「エストロゲン」があります。

エストロゲンには、

  • コラーゲンヒアルロン酸の合成をサポート
  • 肌の水分量をキープ

という肌に関係する働きも持っています。

しかしタバコに含まれるニコチンや一酸化炭素の影響から、エストロゲンを作り出す卵巣の血流や酸素が不足するんですね。

結果として女性ホルモンであるエストロゲンが減少することになってしまいます。

タバコが肌荒れへ与える影響とは?

  1. ニコチンによる血行不良
  2. 一酸化炭素による酸素不足
  3. 活性酸素の発生
  4. ビタミンCの大量消費
  5. ストレスの増加
  6. 女性ホルモンの減少

という6つのデメリットを紹介しました。

では本題である、これらのデメリットが肌へ与える影響について詳しく見ていきましょう。

毛穴の黒ずみ

いちご

肌荒れの中でも、毛穴の黒ずみに関しては特に気にしてる人も多いんじゃないでしょうか。

「いちご鼻」なんて呼ばれる毛穴の黒ずみはコンプレックスになりがちです。そもそも毛穴の黒ずみはどうして出来るかご存じでしょうか。

理由はいくつかあるんですが、

  1. 古くなった角質などの汚れ
  2. 皮脂の過剰分泌による毛穴のつまり
  3. メラニン色素

この3つが主な原因だと言えます。

毛穴の黒ずみにつながるそれぞれの原因について、もう少し掘り下げて見ていくことにしましょう。

1.古くなった角質などの汚れ

※ここからは先ほど紹介した6つのデメリットを元に解説していきます。

タバコを吸うと「ニコチンやストレス」によって血液の流れが悪くなってしまうんですが、このことは肌のターンオーバーに大きく影響します。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝・生まれ変わりのことですね。

血液の流れが悪いと肌の代謝も悪くなるので、ターンオーバーも当然乱れてしまいます。

ターンオーバーが遅くなることで古くなった角質が落ちにくくなるので、毛穴の黒ずみを作る原因の一つになってしまうんです。

2.皮脂の過剰分泌

タバコは実は肝臓にも負担をかけます。

肝臓のはたらきの一つに有害物質の代謝、いわゆるデトックス」という役割があるためですね。

タバコに含まれる有害物質をキレイにしないといけないので、喫煙者の肝臓は普段からとても忙しい状態です。

肝臓には皮脂の分泌に関係するホルモンの代謝にも関わっていますので、肝臓が疲れている状態だと代謝が追い付かず皮脂がたくさん分泌されてしまいます。

そして先ほど「コルチゾール」というストレスホルモンも皮脂を作り出すという話をしました。

この二つが主な原因となって皮脂が過剰に分泌され、毛穴がつまってしまうということです。

3.メラニン色素

メラニンと呼ばれる黒色の色素が肌には存在します。

紫外線や活性酸素から肌を守るための大切な色素なんですが、このメラニンは毛穴の黒ずみにつながることが。

タバコの有害物質によって活性酸素がたくさん発生してしまうと、肌を守るためにメラニンが出動します。

そうなると必要以上に増えすぎる原因になってしまうんですね。さらに、

  1. 血流が悪くなったことからターンオーバーが遅れる
  2. 不要になったメラニンが排出されなくなる

という流れが起きることに、

メラニンとは黒色の色素ですから増えすぎたり残ったりしてしまうことで、結果として毛穴周辺の黒ずみを引き起こしてしまうんです。

毛穴の開き

開いた毛穴

続いても毛穴関連の肌荒れです。

今度は黒ずみではなく「毛穴の開き」に関して。これは鼻というよりも頬で目立ちやすいですね。

毛穴の開きにおいても、一つのポイントとなるのが「皮脂」の存在です。そもそも毛穴というのは汗や皮脂が出る大切な場所です。

そのため皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が広がってしまうんです。

繰り返しになりますがタバコによる肝臓の疲れ、コルチゾールというストレスホルモンの影響は皮脂を過剰に分泌させます。

さらにもう一つのポイントが弾力性の低下(たるみ)です。

肌には層があって大きく3つに分けると外側から、

  1. 表皮
  2. 真皮(しんぴ)
  3. 皮下組織

と分かれています。

真ん中に位置する「真皮(しんぴ)」は表面の肌を支えてハリや弾力を維持する役目をもつんですが、この部分の多くはコラーゲンによってできています。

しかしタバコを吸う事でコラーゲンを合成するためのビタミンCは失われ、さらに活性酸素によってコラーゲンはダメージを受け壊されてしまうんです。

その結果として肌のハリや弾力性がなくなるので、肌がたるんで毛穴が縦に広がってしまいます。

肌のシミ

喫煙は肌のシミにも関係します。

シミの大きな原因は先ほど出てきたメラニン色素の沈着です。やはりこのメラニン色素が多すぎたり、正常に排出されないことでシミになってしまうんですね。

もし、

飛ばして読んでいない……

という人がいれば毛「穴の黒ずみで紹介したメラニン色素の見出し」を読んでみて下さい♪

肌のくすみ

年齢と共に気になってくる肌のくすみにおいてもタバコの影響はあります。

肌のくすみとは「肌の色が正常な状態よりも暗いこと・透明感がないこと」です。くすみがあると、なんとなく表情が暗く見えたり肌が汚く見えてしまいます。

肌のくすみには多くの原因がありますが、タバコの影響としては

  • メラニン色素の沈着による黒ずみ
  • 血行が悪いことによる青っぽさ
  • 古くなった角質の汚れ

といった先ほども紹介したような内容が関係して、肌のくすみを作ってしまいます。

このせいで美白からも遠ざかってしまうんですね。

ニキビ・吹き出物

ニキビを気にする女性

残念ながらタバコが肌荒れに与える影響はまだ他にも有ります。

ニキビや吹き出物に関しても例外ではありません。一般的には思春期に出来るものを「ニキビ」、大人になってからは「吹き出物」と呼びますよね。

でもこの二つは原因は違いますが出来るものは基本的に一緒です。そして実はここでも皮脂は悪さをします。

皮脂が過剰に出ることで、皮脂を餌にするニキビの原因である「アクネ菌」がたくさん繁殖してしまうんです。

さらに肌のターンオーバーの乱れも原因の一つですね。

そして血行不良やストレスから治癒力も低下してしまうので、ニキビができた後もなかなか治りにくい状態に。

しかも弾力の低下によってニキビ跡がクレーターになりやすい……という最低の連鎖反応が起きてしまいます。

これらはアトピーにおいても同じことが言えるでしょう。

しわ

最後の肌トラブルはしわです。

ハリのある肌では、表情の変化によるしわはすぐに元通りになりますよね。しかしタバコによって弾力性のなくなった肌ではそうはいきません

柔軟性が低いので後がなかなか消えずにしわとして刻まれてしまいます

喫煙と肌荒れについての「 Q & A 」

以上が主なタバコによって引き起こされる肌荒れ・肌トラブルでした。

ここからは喫煙と肌の関係について特に気になりがちな5つの疑問について、答えていこうと思います。

Q1.副流煙による肌への影響はどうなの?

副流煙

実は副流煙によっても、肌荒れを引き起こしてしまいます。

なぜなら肌トラブルの原因となる有害物質副流煙にも含まれるからです。「副流煙は主流煙より害がある」というのを聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

これは肌への影響に関しても同じことが言えます。

Q2. IQOS( アイコス )などの加熱式タバコは?

加熱式タバコによる肌荒れへの影響はあります。

ただしタールや一酸化炭素が削減されているものでは、その分は多少影響が少なくなるかと思います。これは副流煙に関しても同じことが言えそうです。

しかし加熱式タバコにおける研究はまだ例が少なく、明らかになっていない点も多いので「あくまで現時点での僕の個人的な意見」です。

そもそもニコチンやその他の有害物質は多く含まれるので、普通の紙巻きたばこよりはマシとはいえ被害は少なくないでしょう。

Q3.タバコを吸ってるのに肌がキレイな人はなぜ?

どうしても遺伝的な要因や個人差というのが人間の体には存在します。

ダイエットにおいてもそうですが、太りやすい人・痩せにくい人などが存在するのと同じです。

とはいえ「タバコを吸っているから肌がキレイ」という可能性はとても低いでしょう。

確かに肌がキレイな喫煙者は存在しますが、吸わなければもっと肌がキレイなはずですよね。

もし今あなたがタバコをやめておけば、この先5年後・10年後には立場が逆転する可能性は十分あるんじゃないでしょうか♪

Q4.禁煙して逆に肌が荒れる…

荒れにショックを受ける女性

たまに、

禁煙したのに逆に肌が荒れるんだけど……

という意見を耳にします。

この理由の一つに禁煙によるストレスが増えたことが考えられます。特に禁煙初期はやはり辛いものですから、一時的にストレスが増える可能性はあるでしょう。

もう一つに「好転反応」と呼ばれるものがあります。

体の中にたまっていた毒素が汗や皮脂として排出されることで、肌が影響を受けて荒れる……というものですね。

禁煙当初はこの二つの理由から、肌が逆に荒れてしまう人もいるかもしれません。

Q5.本当にタバコをやめて肌は良くなる?

個人的にはタバコをやめて一年以上が経ちますが、肌荒れは良くなっている気はします。

ただしちょうど禁煙を開始したのが、「脂漏性皮膚炎」という病気がひどい時だったんですよね。

だからその最悪だったころに比べてしまうのはフェアじゃないかもしれません

インターネットでの口コミなどを見ると、

  1. 改善した
  2. 変わらない
  3. 悪化した

色々な意見が出てきます。

しかし「変わらない」「悪化した」と答えている人は禁煙間もないケースがやはり多いです。先ほど紹介したように一時的には悪化する人もいるはずですね。

逆に「改善した」と答えている人はある程度タバコをやめて期間が経過しています。

たしかに色々な感想もありますが、この記事で紹介したように禁煙が及ぼす肌へのメリットは計り知れません。

人によって肌のターンオーバーの周期などもありますし、諦めずに頑張って継続する価値はあると思います♪

まとめ

美肌の女性

以上、タバコが肌荒れに与える影響についてでした。

喫煙は肌荒れだけでなく、「毛穴のトラブルやシミ・くすみ・ニキビや吹き出物・しわ」といったように多くの肌トラブルを引き起こしてしまうんですね。

もはや肌をボロボロに悪くするためのアイテムだと言っても、言い過ぎではないような気がしてきます……。

もちろん肌はタバコ以外の影響も受けますし、禁煙したからと言ってすぐ翌日から効果が出るものでもありません。

しかしこの先受ける肌への被害の大きさを考えると、それだけでもタバコをやめるメリットは十分じゃないかと思います。

ぜひ美肌のためにも、この機会に禁煙についてしっかりと考えてみて下さい♪

 

無理のない禁煙の方法については、こちらの記事を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
スパッと禁煙する意思
スパッと禁煙する方法をあなたに!実践すべき大切な9つのこと そんな人の力となるべく、この記事では「スパッと禁煙するための方法や考え方」について厳選してまとめました。 ...