恋愛

バレンタインにチョコを渡したいけど迷惑?悩んでいるあなたへ

バレンタインチョコを渡すのに悩む女性

もうすぐバレンタインデーということで、恋する女性には悩みの多い時期がやってきました。

色々な悩みがあると思いますが、

「バレンタインもらっても迷惑じゃないかな?」

「ちゃんと貰ってくれるかな??」

ということが一番気になるのではないでしょうか。

僕は学生時代に一応本命チョコを何度かもらった経験があるので、その時の体験もふまえて解説したいと思います♪

基本的には嬉しい

男とは基本的にチョコをもらって嬉しい生き物です。

もちろん好きな相手から貰えれば最高にうれしいのは当たり前なんですが、本命・義理・親しい相手・あまり知らない相手関係なくもらえれば嬉しいものです。

そこには2つの感情が存在するからですね。

存在理由がそこにはある

特に本命チョコの場合はこれです。

「本命チョコをくれる相手=自分が好き」なわけです。

つまりこの世界に自分の事を必要としてくれている人間がいると、間違いなく実感できる瞬間なんですね。

大げさに聞こえるかもしれませんが本当です。だって日常ではそんな事を意識する瞬間がないですからね。

「僕は誰かに必要とされているんだ!!」

とハッキリ意識できるのは相手の好意に気づいたときだというわけです。

ステータス

ちょっと汚い感情ですけど、これもまた事実です。

簡単にいうとドヤれるわけです。チョコをもらえることによって。

特に学生時代はこれが顕著かもしれません。

「べ、べつにバレンタインとか興味ねーし」みたいな事言いながら意識しまくりですから。

  • 下駄箱チェック→机の中をチェック→不自然に一人の時間を作ってみる

この流れはデフォですね。ここからさらに、

  • 放課後ワンチャン狙って遅くまで残ってみる→再度下駄箱と机の中身のチェック

これくらいは世の男子学生はしますからマジで。

義理だろうとなんだろうと、チョコをもらえた瞬間から周りの男子に対しての優越感を持つことができるんです。

もらえない場合はその逆です。

「いやいや義理とか羨ましくないからね!」

なんて言いつつ心の中では泣いてますから。帰って玄関のドアをそっと開けるのです。(経験あり)

だから基本的にはチョコって嬉しい

笑顔

だから基本的にはメンズってチョコをもらえて嬉しいわけです。

色々な感情が渦巻くわけですが、やっぱり貰えないより貰いたい。このことは覚えておいて欲しいですね。

ただし!!

全シチュエーションでもれなく嬉しいわけではないんです。

そこには残念ながら例外の「嬉しくない・迷惑にすら感じてしまう」シチュエーションが存在するのもまた事実です。

こんな僕でも貰って嬉しくなかった、嫌だな…と思ったチョコがありました。

ということで相手の負担になったり迷惑にならないような、バレンタインを成功させるベストな渡し方を探っていきましょう!

告白or非告白

これはすごく大切なことです。

本命のチョコを渡すのであれば「その時に告白しちゃう?」と考えるのは当然ですよね。

基本的には告白したいならGOしても良いと思います。ただしこれは接点がある場合のみです。

「全然話したこともないけど、憧れの先輩に本命チョコを渡して告白…」

って考えてるお嬢さんには全力でSTOPをかけたいです。なぜならかなりの確率で負け戦になってしまうから。

  • メチャクチャあなたの顔が好みのタイプだ
  • 実は相手もあなたのことがずっと気になっていた
  • 相手がチャラくて(とりあえず付き合っちまうか)と思ってる

このパターン意外成功しません。しかも男性に彼女がいないことが前提になります。

これに当てはまるのはかなり確率が低いことになりますし、成功したところでその後を考えるとおすすめできません。

今すぐ告白というよりも「まずは受け取ってもらって意識させる」ことを最優先のミッションに考えましょう。

手作りor市販のもの

手作りチョコ

これもかなり悩むポイントですよね。

でも僕的にはけっこう簡単で、明確な基準がある気がします。

手作りを渡しても良いケース

「面識があって本命である場合」

この一点だと思います。逆にこの条件が揃っているのなら、むしろ手作り以外はないのかな? という感じですね。

市販のチョコだと、本命っていうのが伝わりにくいんです。いくら豪華でも。

バレンタインをきっかけに告白する場合でも、そうでない場合でも、手作りチョコを渡すことで「本命ですよ」アピールをしておくことが出来ますからね。

市販のチョコを渡す場合

逆に「面識がないor本命じゃない」というケースは、市販のものにするべきでしょう。

本命の場合だと(市販の物じゃ思いが伝わらない!!)と思うかもしれません。

その気持ちもわかるんですが、「あんま知らない人から手作りの食べ物をもらうの怖い」って思う人けっこういるんですよね。

受け取ってもらえても、相手の印象を悪くする可能性を秘めているのです。だったら大人しく市販のものを渡した方が良いですよね。

手作りを渡すのはもう少し距離が近づいてからにしましょう♪

相手が受験生なんだけど…

勉強する学生

かなりあるあるな悩みですな。

高校受験・大学入試。一般入試はだいたいがバレンタインのちょっと後なんですよね。

「チョコ渡したいけど受験だから迷惑かけたくない!」

そう考えるあなたはきっと素敵な乙女なのでしょう。ナイス思いやりです!

結論からいうと、「告白無し&市販のものにする」というのが相手の事を考えた際には最強なのかなと思います。

渡すだけなら別に時間かからないし、息抜きにもなって全然OKだと思います。最初に話したように男の子なんで、受験といえどチョコは嬉しいものです。

ただ告白が入るとこれは別ですよね。上手くいっても失敗してもかなり彼の頭の中に影響を与えちゃいます。受験に真剣な人ほどこれは避けたいでしょうね。

また時期的にインフルエンザやノロウイルスなんかも流行る季節です。

手作りの場合は少しリスクが上がりますよね。

もしチョコをあげた後に彼が体調を崩したら責任感じますから…市販のものならそのリスクも下がります。

渡す際には「受験がんばってね」とか「応援してるから♪」なんて軽く言葉をかけるくらいが相手的にはうれしいはずです。

合格祈願のお守りなんかも、ベタですがポイント高いですよ。

距離は縮めたい

ほとんど話したことないとか、あんまり接点がない子の場合です。

そういう場合は「まだ告白しない方が良い」という話をしました。

ただ、普通にチョコ渡すだけだとかなりの確率で進展ないんですよね。ホワイトデーのお返しすらこない可能性が高いです。

もしチョコをもらって嬉しかったり、あなたの事が気になったとしても、後日自分から探して連絡先を聞くのってかなりハードル高いんです。

チャンスを逃さないためにも、連絡先はゲットしたいわけです。

理想の流れ

チョコを渡す→少しだけ雑談→連絡先交換

一番の理想はこの流れですね。特にこの「少しだけ雑談」がポイントです。これを入れることで別の日に偶然会ったりしても、コミュニケーションを取りやすくなりますから。

メンズ的にも、あまり知らない子からチョコもらってテンパる可能性があります。

チョコ渡す→「連絡先教えて下さい!」だと頭が追い付かないし、ちょっと怖いかもなので。

安心感を与えて、気持ちを落ち着かせるためにも少しだけ話ができると理想です。

ただこれは少し難しいver.ですよね。

女の子の方が緊張するわけですから。現実的なのは次のパターンかもしれませんね。

簡単なメモを添える

これがハードル低いので良いかもです。

チョコと一緒に簡単なメモを入れておきましょう。

内容としてはこんな感じでしょう。

「今日は驚かせちゃってゴメンなさい。迷惑じゃなかったら連絡もらえると嬉しいです♪(LINEのID)」

ポイントは相手への思いやりですね。これが、

「良かったら連絡ください(LINEのID)」

こんな感じだと連絡しづらいんですよね。知らない相手に連絡するのって勇気いりますから。(ドッキリでバカにされるんじゃねーの)くらい考えますもん。

親しくない相手から渡されたことへの気遣い。そして連絡の聞き方に関しての心配り

この2つが連絡させるためのハードルを下げることになります♪

一言伝える

ヒソヒソ話をする子供

なるべく気の利いた一言を添えたいですね。

緊張するのはとても良く分かるんですが、「これどうぞ!」とか「受け取って下さい!!」だけだと雰囲気的に重くなっちゃいます。

そのまま告白するパターンでなければ、相手が受け取りやすい空気を作りましょう。

受験生だったら先ほど話した「受験がんばってね」パターンが使えますね。

他にも「部活がんばって下さい」とか「お返しはいらないんで♪」なんかが使いやすくて好印象です。

もらい慣れてない男子だとホワイトデーのことでかなり悩みます、プレッシャーです。悩み過ぎて面倒くさくなって、相手のことも嫌になることすらあります。

「お返しはいらないんで♪」って言ってもらえるとメチャクチャ心が楽になるんですよね。

むしろその健気さに「いやいや絶対返すし!」くらいのモチベーションになります。不思議ですよね。

この辺は気を使った者勝ちです、マジで。ライバルに差をつけましょう。

以前振られたことがある場合

昔告白して撃沈したパターンや元彼に渡したいパターンですね。

これは難しい問題です。

振られ方や別れ方によるんでしょうが…。渡さないで引いてみる作戦・あえて渡す作戦。

申し訳ないがどちらが良いのか判断できないですね。ゴメンなさい。

ただ、渡すのであれば先ほどの必殺技である「お返しはいらない♪」を必ず発動しましょう。そしてこの発動は渡す前に発動したいですね。

「お返しはいらないから♪」→チョコ渡す

こうすれば、かなり相手の負担を減らすことができるので。

「このまえキッチリ振ったのに嫌だな…」と思う確率は減らせるはずです。

ある程度は人目を避ける

男子学生は「チョコをもらって優越感に浸りたい」と言う感情と「恥ずかしい思いはしたくない」と言う感情で揺れ動いています。

確かにみんなの前でチョコをもらえると、この優越感部分はすごく満たされるわけです。

ただしメチャクチャ恥ずかしいんですよね。もれなくその後イジられますから。

僕は高1の頃にみんなの前で呼び出し→教室のすぐ前で渡される(教室の中にも廊下にもかなりの人)

というのがありました。もちろん受け取りましたけど相当恥ずかしかったです。

呼び出されるのはまだ良いんですけど、受け取る瞬間は特に人には見られたくないですね。

1人の瞬間がなかったりクラスや学年が違ったり…となると、難しい部分ではあります。それでも少し人目のない所に連れ出すなど、周りに人が多すぎないタイミングを狙って渡しましょう。

会話したり連絡先聞いたりするチャンスもその方が増えますからね。

チョコ渡して良い?は逆効果

これけっこうNGです。

女の子的には気を使ってるつもりなんでしょうが、そんなLINEがくると男子的にはメッチャ困るわけです。

「いやいや…これなんて返したらいいんすか?」

「いいよ」→調子乗ってる感じ。「ゴメン無理」→何様だ。「ありがとう」→消去法でこれかなぁ

かなり返答に困るキラーパスなのです。

こんなLINEきた時点でその子への好感度は急降下しますガチで。

連絡先知ってるレベルなら、よっぽど嫌われてない限りあげて大丈夫なので、事前に確認するのはやめておきましょう。

親しくなければ家はダメ

家の外観

学校で渡せなかった…ということで家まで押しかけちゃう積極的な女の子。

これは相当仲良くないとNGです。僕が中三の頃に、

「知らない番号からの着信→知らない子からの呼び出し→拒否→家まで来ちゃった」

っていうパターンがあったんですけど、

おしっこ漏れそうになりましたからね。ピンポン連打されました。一言も話したことない後輩の女の子達(三人組)でした。

そのパターンはレアだとしても、そんなに仲良くない子が家まで来ちゃうと怖いんですよ。男の子だって(泣)

それなら翌日学校で渡した方が絶対に好印象なので、突撃するのはやめてあげて下さい。

翌日だと逆に競争率も低いし、一人の時を狙いやすいかもですし♪

リサーチしておきたい

出来れば事前に彼女がいるのかだけは確認しておきたいですね。

彼女がいるという理由で、「本命」だと言わなくても受け取らない男子は存在します。

「リサーチできてないor彼女がいる」という場合には、失敗する確率が上がるのは覚悟しておきましょう。

ただそういう理由だと受け取ってもらえなくても、意識させることができる分プラスにはなると思いますけどね♪

シミュレーションは念入りに

当日のシミュレーションはかなり念入りにしておきましょう。

紹介したポイントを抑えながら、

  • いつどこであげるのか
  • 渡す時になんて声をかけるのか

行き当たりばったりで後悔するよりは、絶対にしておいて損はないです。しっかり頭の中で繰り返しイメージしておきましょう。

まとめ

プレゼントを渡す女性

基本的にはチョコは貰えてうれしいものです。

そこに相手への気配りがしっかり出来ていればなおの事。

もしそれでも受け取ってもらえなかったり、嫌な顔されるようならその程度の男なのです。むしろ上手くいかなくてよかった! と前向きに考えたいですね。

あなたが好きな男性はそんな人ですか?

もし違うのなら、しっかり相手への配慮が出来ていれば大丈夫なはずですよね♪

せっかくのイベントです。

緊張するし不安もたくさんありますが、ぜひ楽しんで良いバレンタインデーになるようがんばって下さいね♪ 応援しています。